FC2ブログ
2013-01-14 (Mon)
今日は走ろう会恒例の「青梅試走会&梅の湯」
天気予報は最悪だったが昨夜オックンから「明日はどうしますか?」
とのメールがあり「とりあえず行きます走るかどうかは雨の状況で・・・」と
返事をしたこともあって家を出た。
八王子駅でfujiさんと、拝島でオックンと合流。
亀三さんとS山さんは先に河辺体育館に来ていました。

走る気はあまりなく温泉だけ入って帰るつもりでいましたが、誰も「走りますか?どうしますか?」と云いださない。雨の中わざわざ出てきたんだからみんな走るつもりなんだ~とすごすごと更衣室へ!
で、着替えて、天候によっては途中で引き返すことを確認し新成人でごった返す体育館を出発した。

雨は霙になり、やがて雪に、復路の20キロ地点では足が滑るようになってきた。
亀三さんとS山はなおも先へ行こうとするのでストップをかけ、そこで折り返すことに。
折り返してからS山さん、fujiさん、亀三さんがペースアップ。前日、ハーフのレースに出たオックンと私はペースダウン。

折り返してからはオックンとずーっと並走したが、オックンがゴール2キロ手前で意地を見せペースアップした。それもシャーベット状の雪の中では長く続かずまた一緒に。
最後は感覚のなくなった手足を必死に動かし何とか体育館にたどり着いた。
着いた時は凍死寸前!

その後、着替えもそこそこに梅の湯へ。湯船につかってもしばらく震えが止まらないほど体が冷え切っていた。
じっくり湯につかってやっと生き返った気がした。雪を見ながらの温泉は最高でした。

温泉を出るとき代えの靴を持ってきていなかったので、新しい靴下にしたのに靴はビショビショ。
そこで、靴下の上からスーパーの袋を履いて靴を履いた。
これが大正解、代えの靴を持ってきた人は駅に着くまでのわずかの間に靴がビショビショになってしまったが、水たまりに入ろうがシャーベットの上を歩こうが靴は濡れても足は濡れず。家に着くまで快適でした。
スーパーの袋がこんなにありがたいと思ったことはないね!
これからは大事にしよ!

今日の練習
 青梅マラソンコース試走 復路20キロ地点まで
 20キロ

今月のトータル
 170キロ

今年のトータル
 170キロ

| 練習内容 | COM(4) |