FC2ブログ
2010-07-06 (Tue)
久しぶりに読書をした。「走ることについて語るときに僕の語ること」(村上春樹)と云うややこしい名前の本だ。
学生時代は友達に本好きがいて小説を良く薦められて読んだが、最近はほとんど読んでいなかった。
ランニングを始めてからはそれに関する本を読むことはあったが、それも最近はほとんど読んでいない。

女房が朗読のボランティアをしていて、たまたまこの本を依頼されて読むことになったので暇にまかせて読んでみた。
村上春樹の小説は読んだことがない。なんか難しいと云う評判だが、これはそんなことはなく、ランニングについての彼の思いが書かれていて共感するところがたくさんあった。
毎年1回は降るを走り、100キロレースも走ったことがある筋金入りのランナーだ。
小説家とランニング・・・あまり似つかわしくないようだが、意外な人が走っているもんだ。

今日の練習
 10キロ ジョグ

今月のトータル
 54キロ
| 練習内容 | COM(0) | TB(0) |